目のピントが合わないのは老眼だけが原因じゃない

本を読んだりパソコンを見ていると、目のピントが合わないと感じることがありませんか。

 

目のピントが合わないと、ものが見えにくくなったり、物がかすんで見える、物がずれて見えたり、1つのものが2つに交わって見えるという事態が起きてしまいます。

 

現代人は長時間、パソコンやスマートフォンを使っていますから、目が疲れているだけだと思いがちですが、実は目のピントが合わない場合には様々な原因があります。

 

40歳を過ぎて、物が見えにくくなった場合の原因は、老眼が原因であることが1番多いとされています。

 

しかし年齢がもっと若いのに、ピントが合わなくなっている場合は、ピントフリーズ現象を起こしている可能性があります。

 

ピントフリーズ現象とは、パソコンやスマートフォンの画面にある細かい文字を長時間ずっと一定の距離で見ているときに、目の毛様体筋が固定されてしまって起こるものです。

 

毛様体筋が固定された状態から他の場所に目を移したら、ピントが合わなくなって目がかすんで見える状態になります。

 

 

ピントフリーズ現象を改善する方法としては、遠くを見るようにして目を休ませることになります。

 

また、ピントフリーズ現象は眼精疲労にもつながっています。眼精疲労が長期化すると、近視になってしまったり、すでに近視になっているときは度合いが進んでしまう恐れがあります。

 

パソコンを長時間使う人には、さらに目のピントが合わなくなる原因があります。

 

それは、ドライアイです。エアコンなどを稼働した部屋で長時間パソコンの前で作業していると、まばたきの回数が減ってしまうので目の表面が乾きやすくなります。

 

目の表面が可愛くと、目がかすんだりしょぼしょぼするなどの現象が起きてしまいますから、定期的に休憩時間を取って目を休ませたり、目薬をさして潤いを与えることが必要です。

 

人間にとって目はとても大事な部分で、ドライアイが悪化すると、肩こりや頭痛、不眠症を引き起こす可能性があるとされています。

 

両目のピントが合わない場合は、どちらかの目の視力が落ちてしまたのが原因でうまく左右の像がまとめられなくなっている可能性があります。

 

その場合は、視力を図ってもらい、眼鏡やコンタクトの度数を変更してもらうようにします。また、網膜や視神経の以上があったり、白内障や緑内障を発症している恐れがありますから、目のピントが合わないときは老眼だからと決めつけずに、眼科医に診察してもらうことをおすすめします。