目のピントが合わないとめまいが起きるのはなぜ?

パソコンに向かって仕事をしている時やスマートフォンを利用している時目のピントが合わないことがあります。目のピントが合わない原因には眼精疲労が大きく関わっており、眼精疲労になる理由としては目の病気や体の病気、ストレスなどが影響していることがあります。

 

目の病気が関係している場合は斜視や白内障、緑内障、ドライアイ、眼瞼下垂などがあります。

 

ドライアイはコンタクトレンズをしている人になりやすく、頭痛が起きることが多いです。

 

体の病気では更年期障害や風邪、インフルエンザ、歯周病、副鼻腔炎などの鼻の病気で起こることが多く、自律神経失調症の際にはめまいを起こすこともあります。

 

 

目のピントが合わない理由は一つとは限らず、いくつかの事が重なって起こることが多いです。また、ピントが合わないことによってうまく見ようとさらに気を遣うので余計にストレスがたまることがあります。

 

めまいは内耳が関係していることが多く、耳の病気とされています。ですが、ストレスや眼精疲労によっても起こることがあります。

 

目のピントが合わない時にめまいが起こるのは両目が均等に見えないため平衡感覚がなくなること、体のバランスが崩れ正常に耳が機能しないことなどが挙げられます。

 

めまいが起きたら嫌だ、という思いも働くためそれがストレスになりさらに症状が悪化するケースもあります。めまいやピントが合わない場合は脳の機能や体や心の病気が原因となっていることもあるので、眼科にて視力や眼球運動の検査、眼圧などを調べてもらうと安心です。

 

眼精疲労を軽減するにはビタミンBをとると良いです。ビタミンBには疲れを軽減し、症状を改善する働きがあります。

 

点眼液でも効果がありますが、内服することによってさらに体全体の不調を取り除くこともできます。また、部屋の配置にも気を配る必要があります。

 

パソコンのモニターは見下ろすようにセットします。見上げるという行動は目が乾く原因にもなりますし、首も疲れ肩こりを起こします。

 

照明も明るすぎるのは控えます。

 

ですが間接照明は作業する時には目の負担になってしまうので作業中は控えるようにします。

 

エアコンも適宜つけるようにしドライアイにならないように気を配ります。

 

ストレスに関しては知らず知らずのうちにためていることがあります。休日には目を休める意味でも体を動かしたり散歩をしたりしてリフレッシュします。肩の部分に温かいシャワーをあてるだけでも血行が良くなり肩こりや眼精疲労が改善されます。